既卒 おすすめ求人サイト

就職を目指している既卒者の方へ正社員求人を豊富に見つける事ができる就職サイトをご紹介しています。

就職を目指している既卒者の方へ

既卒者の就職は求人サイトの活用が最大のポイント

既卒者の就職、成功のポイントについてお伝えしますね。

短大や専門学校、大学を卒業した後、正社員経験がない既卒の上京から正社員就職を目指すには、最も重要なポイントは「どんな求人サイト」を利用して正社員求人の情報を集めるか、といったことです。

既卒者向け求人サイトもあります。

既卒者も他の応募者と競う事になる中途採用枠で就職活動を進めていく事になりますが、実際のところ、自分で求人を探して応募する就活をした場合には書類選考で落ちる事も多いのではないでしょうか。

未経験OKの正社員求人を出す企業は中小企業が多いですが、基本的には「即戦力」を採用したいと考えているもの。
採用後に教育が必要な未経験者よりも、少しでも即戦力を中途で採用したいと考えています。

第二新卒者からの応募もあれば、そちらの方を優先して面接するなどはやはり起こりえます。

既卒フリーター、ニート、様々な時間の過ごし方をされてきていると思いますが、既卒になってからの期間が長いほど、正社員就職には不利になってしまいますので、出来る限り早い時期に就職活動をスタートされる事をオススメします。

正社員未経験にも関わらず、新卒扱いで採用している企業は少数で、大多数の会社が中途採用枠として考えているそうです。

経験豊富なベテラン社員も中途採用を狙っていますので、既卒者の立場はとても厳しいんですよね。やはり経験や知識、スキル、キャリアで比較すれば、既卒者よりも社会人経験が長い人間に分があるでしょう。

そのため、アルバイトを続ける既卒者もいれば、あえて留年して新卒扱いで就活を行う方もいます。

既卒の就職活動に役立つ資格取得

就職後1~2年で退職する第二新卒よりも、既卒者の方が不利な立場かもしれませんが、決してデメリットばかりではありません。好きな時期に就職活動を始められますし、若さを武器に面接を受けることも出来ますね。

それに20代後半~30代、40代の社会人よりも、時間を有意義に使えるのではないでしょうか。

アルバイトの合間に資格学習を行ったり、自己啓発、スキルアップに励めば、就活の武器が手に入ることもありますよ。

目指す業界にもよりますが、英語学習を行ってTOEFLやTOEICのスコアを伸ばしたり、法律系資格を取得しても良いですね。

私は大学既卒ですが、社会人未経験ながら資格取得後に正社員として就職できました。
就活では既卒で資格取得のための期間も長く不利な立場だったと思いますが、二度目に受けた正社員面接の場で「いつから出社できますか?」と採用担当者に言われたんですよね。

それは完全に資格の力です。

元々コミュニケーションスキルが低いですし、面接では緊張でガチガチになりますが、それでも社員として中途採用されました。

当時すでに25歳だったので、社会人経験なしで就活を行うにはきつい年齢ですが、就職できたのは、それなりに難易度が高い資格を取得していたからです。

私が合格したのは行政書士と社会保険労務士ですが、他にも就職に役立つ資格は色々とありますよ。

不動産業界なら宅建士、ノンバンクなら貸金業者取扱主任者、介護業界なら介護職員初任者研修や実務者研修など、まずは就職を考えている業界を調べて、評価が高い資格の有無をチェックして下さい。

ただし資格取得にかかる期間を想定し、その期間は資格合格に向けて必死に勉強できるかどうかを本気で検討する事が大切です。

就職活動を先延ばしするために資格取得を理由とするのは、本末転倒といえますからね。

であれば、すぐにでも就職活動をスタートした方が良いと言えます。

既卒就職には、既卒向け求人サイトの利用がおすすめ

しかしながら…資格取得には時間とお金が掛かりますし、資格なしで就職できるなら、それがベストですよね。

自分では「既卒で正社員は厳しいかな…」と思っていても、経験豊富な人間よりも既卒者を採用したい、若い人間を積極的に雇用したいと考えている企業もありますので、まずは就職活動を初めて感触をつかんで下さい。

その際はハローワークのような公共の職業安定所を利用するよりも、民間の就活支援サービスがおすすめです。

既卒者歓迎の社員求人を保有している支援サービスもありますし、会員登録は無料なので、気軽に利用して下さいね。